ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO

NEWS

2019.8.30

Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYOは、終了しました。

多くの皆さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。

第2弾プログラム公開(特別対談)、事前登録開始日決定

今年も、Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYOにて、特別対談を2つご用意しました。
さまざまな分野の有識者や専門家をお招きし、社会課題の解決に向けた事例紹介や、それぞれのアプローチについて展望します。
この機会をどうぞお見逃しなく!

【特別対談1】

「サービス・マネジメント」という産業の垣根を越えた新しい価値づくりの視点・学問領域の第一人者である一橋大学の藤川 佳則氏と、AIを利用し、超高齢化などの社会課題に取り組む石山 洸氏が、複合的な社会課題解決のため、デジタル技術やAIを活用した「サービスイノベーション」の力について議論。企業がこれからの価値創出をめざす上での新たな機会について展望します。

藤川 佳則 氏 石山 洸 氏

特別対談1
日時 2019年10月17日(木)13:30〜14:45
登壇者 藤川 佳則 (一橋大学 副学長補佐 一橋ビジネススクール 国際企業戦略専攻 MBAプログラムディレクター&准教授)
石山 洸 (株式会社エクサウィザーズ 代表取締役社長)
モデレータ 赤津 雅晴(株式会社 日立製作所 研究開発グループ 技師長)
タイトル 「サービスイノベーションの力 〜デジタル・AIの進化がもたらす新たな価値〜」
会場 東京国際フォーラム ホールA

【特別対談2】

2017年まで総務大臣補佐官としてSociety 5.0の戦略策定と地方の活性化に従事され、社会変革の前線に関わる太田 直樹氏と、奈良県生駒市でITを活用した地域課題を解決に取り組む佐藤 拓也氏が、人々のQoL(Quality of Life)向上をめざし、市民との協創で課題解決を図る取り組み「シビックテック」の世界的潮流とイノベーションの実例について議論。トレンドから地域が持続成長するための、地域社会のデザインのあり方について展望します。

太田 直樹 氏 佐藤 拓也 氏

特別対談2
日時 2019年10月18日(金)15:15〜16:30
登壇者 太田 直樹 (株式会社 New Stories 代表 元総務大臣補佐官)
佐藤 拓也 (CODE for IKOMA 代表 YuMake合同会社 代表)
モデレータ 北川 央樹(株式会社 日立製作所 研究開発グループ 東京社会イノベーション協創センタ長)
タイトル 「人間中心の地域社会をデザインする 〜ビジョン・シビックテック・協創が導く未来〜」
会場 東京国際フォーラム ホールA

9月10日(火)11:00よりHitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYOの事前登録を開始します。
同時に全てのプログラムについても発表予定です。

オフィシャルサイトの更新情報は、日立製作所公式SNSでもお知らせします。
ぜひフォローしてください。

Facebook公式ページ Twitter公式アカウント

  • * プログラムおよび登壇者は、変更となる可能性がございます。なお、最新情報は随時更新いたします。