ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINE

INDUSTRY

レジリエントなバリューチェーンがつくる社会

Withコロナ/Afterコロナで経営環境が大きく変わる中、サプライチェーン分断や経済活動の停滞により、そのあり方が見直されています。サプライチェーンを含め、レジリエントなオペレーションの構築は急務であり、より一層の業務間・企業間の「際」をつなぐためのデジタル活用が求められています。Lumadaを活用したデジタルサービスが、バリューチェーンを強靭化し、企業経営に貢献。人々のQoLを高め、より良い社会の実現をめざします。

ビジネスセッション・エキスパートセッション

セミナー・オンデマンドムービー

ビジネステーマ

マニュファクチャリング

ニューノーマル時代に向けて、製造業は、これまでの固定概念にとらわれず新しい取り組みにチャレンジし、迅速に事業価値に変えていくことが求められています。日立はこれまでのITシステム構築の経験と社内外で培ったモノづくりにおけるデジタル技術を活用したスマート製造でお客さまの業務課題をスピーディーに解決し、経営価値向上に貢献します。

ロジスティクス

世界的な新型コロナウイルスの蔓延により、従来のサプライチェーンが分断された昨今、レジリエントなロジスティクスが求められています。日立は、消費者・配送・小売・物流センター・生産工場・調達をつなぐサプライチェーンから取得できるデジタル情報を利活用し、物流センターの高度化と輸配送の高度化でこれらの課題を解決し、柔軟かつ持続的なサプライチェーン実現に貢献します。

リテール

ニューノーマル時代に向けて、生活者の行動様式が大きく変化し、購買スタイルの複雑化が加速しています。また、非接触、短時間、キャッシュレス決済など大きなトレンドの変化の中、リテールは、生活者がより利便性や満足を享受できるよう素早い対応が求められています。日立はバリューチェーンから得られるデータをデジタルで活用分析し価値を創出。需給を把握し欠品のない売場作りや、ニーズを把握し、売上改善の施策を打つなどを協創により支援。生活者の満足や従業員の働き方の改善につなげることにより、リテールのブランド向上や売上向上に寄与します。

ロボティクス

新型コロナウイルス流行によるソーシャルディスタンスと経済活動の両立が求められる現在、ロボティクス技術を活用して省力化と自動化を推進しつつ、不測の事態に伴う業務制約や需要変化への対応が求められています。日立はロボティクス・オートメーションとデジタルソリューションを融合し、経営環境や業務制約の変化への柔軟な対応に寄与します。