ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINE

ENERGY

脱炭素化による持続可能な社会

地球温暖化の進行に伴い、世界的に脱炭素社会への取り組みが加速しています。
エネルギーの供給においても、温室効果ガスを排出しない「エネルギーの脱炭素化」への対応が求められるなど、大きな変革期を迎えています。「ENERGY」では、グローバルトップのグリッドソリューションや先進的なデジタル技術を駆使して、強じんでスマート、環境に配慮したグリッド&エネルギーソリューションにより、脱炭素社会の実現と持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献する取り組みをご紹介します。

ビジネスセッション・エキスパートセッション

セミナー・オンデマンドムービー

ビジネステーマ

エネルギーマネジメント

持続可能な社会の実現に向け、エネルギーの「脱炭素化」に向けた取り組みが加速しています。再生可能エネルギーの地産地消による地域の脱炭素化をはじめとする地域エネルギー供給ソリューション、エネルギーに関わる設備の効率運用や資産管理サービスなど、日立では、地域や設備のエネルギーの最適運用に向けた新たな価値を創出するエネルギーソリューションを提供しています。本テーマでは、お客さまが抱える課題に寄り添った事例についてご紹介します。

分散電源

地球環境問題の深刻化に伴い、世界ではエネルギーの「脱炭素化」が求められる中、再生可能エネルギーの導入拡大に向けたさまざまな取り組みが加速しています。
日立は、Lumadaを活用したデジタルソリューションにより再生可能エネルギーや分散電源導入に貢献し、お客さまの新たな価値の創出に貢献。本テーマでは、日立の幅広いノウハウ、保守などの経験を生かした取り組みをご紹介します。

パワーグリッド

再生可能エネルギーの導入が加速する中、再生可能エネルギーを安定的に需要地へ届けるためのグリッドの信頼性向上が求められています。本テーマでは、日立ABBパワーグリッド社のグローバルトップレベルのプロダクトと日立のLumadaを活用したデジタルソリューションにより、強靭かつスマートで環境に優しいグリッド&エネルギーソリューションにより、脱炭素社会の実現と持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献する日立の取り組みをご紹介します。

原子力事業の取り組み