ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYO

Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYOは、終了いたしました。

多くの皆さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。

働き方改革は見える化から。その先の解決策まで提案!

日立自身の長年の取り組みや経験をもとにしたワークスタイル変革ソリューションは、お客さまの業務の見える化と、その先にあるさまざまな働き方の可能性をご提案します。加速するデジタル社会を先取りした働き方をご紹介します。

働き方の見える化

見える化による働き方改革の推進 〜チェンジマネジメント〜
働き方改革は個人、チーム、組織の動きが変わって初めて前進します。それぞれのレベルで見える化を取り入れることで取り組むべきことが明確になり働き方の好循環が生まれます。
労働時間の見える化ソリューション
何故、働き方改革はうまくいかないのか!?それは、働き方の現状を正確に把握できていないからです。アンケートやヒアリングで得られる情報は、主観に左右される定性的な情報です。真の意味で現状を把握するためには、定量的なデータ分析が必要です。本展示では、システムログを活用した労働時間の見える化をご紹介します。
“人の能力を最大化するために”実践した横浜事業所の取り組み
“人の能力を最大化するために”をテーマに、日立製作所・横浜事業所で実践した見える化の取り組みを事例中心にご紹介します。「何を改善したら良いのかわからない」「どのように取り組んだら良いのかわからない」という課題に対する、当社の答えをご覧ください。

ムダを省いて成果を上げる働き方への変革

Robotic Process Automation業務自動化ソリューション
パソコンでの事務作業をソフトウェアロボットが代行します。業務量を削減し、大量の単純作業から社員を解放します。本展示では、パソコンのマウス操作、キーボード入力などの画面操作を記録し、無人の状態でパソコンが動いてExcelからWebシステムに入力しているデモンストレーションをご覧いただけます。
定型業務自動化支援サービス
人手で行っているパソコンでの入力、集計などの定型業務の品質向上や工数削減という課題に対する解決策として、SIや運用保守の実績をふまえた現場密着型「定型業務自動化(RPA)支援サービス」をご紹介します。RPAが実現する仮想労働者とともに働く新たなオフィスの事例や、RPAソフトウェアによるロボットのデモンストレーションをご覧いただけます。
対話型自動応答AIサービス「CAIWA Service Vⅲ」
「探す」から「聞く」へ。AIがもたらす新しいコミュニケーションのカタチ!
AIが入力された文章の意味を解析し、自動的に最適な回答を返します。
B to C、B to B、B to E、いずれにも対応し、お問い合わせ件数及び工数の削減を実現します。
また、レポート機能を活用したメンテナンスを行うことにより、Webサイトのユーザビリティや顧客満足度の向上につなげます。
本展示では、製品概要のご説明や導入事例と併せましてデモストレーションをご覧いただけます。
AIアシスタントサービス
スマートデバイスに自然な言葉で入力すれば、「AIアシスタント」が情報検索を代行したり、さらにはバックオフィス業務を代行したり、ユーザーを多彩にサポートします。高度なテキスト解析技術により、AIアシスタントが人間の書いた依頼内容を理解し、対話形式で返答するデモンストレーションをご覧いただけます。
企業・拠点間のコラボレーションをサポート「活文 Managed Information Exchange Service(MIES)」
活文 Managed Information Exchange Serviceは、企業間で、グローバルで、連携、協創するためのワークスペースをクラウドで提供するサービスです。企業や組織の枠を超えたコミュニケーションのサポート、プロジェクトに関する社内外情報の一元管理を支援します。
クラウド上のワークスペースを活用した、企業間・拠点開の新しい連携方法によるお客さまの業務、働き方改革をご提案します。
活文 データエントリ業務支援ソリューション
近年のIT進化の一方、ビジネスのやり取りはいまだに紙での運用も多く、取り引き先から受領する注文書、請求書などに記載された情報を基幹システムに手入力しているケースも多く見られます。このようなデータエントリ業務にAIを活用し、業務効率化とともに働き方改革につながる秘策をご紹介します。

柔軟な働き方への変革

会議効率化サービス
会議の準備から会議中、会議後の議事録作成まで全体の効率アップを支援し、会議の価値を向上します。会議前の資料レビュー・コメントや会議中の議論の見える化により、議論を効率的かつ建設的に進められます。またコメントを一括出力し、議事録として活用できます。本展示では、全体プロセスのデモンストレーションをご覧いただけます。
「Office365®エンタープライズセット」による時間と場所に縛られない働き方
いつでも・どこでも・安全・安心に個人作業やプロジェクトチームでの共同作業を実現
快適なテレワークを支える仮想ワークスペース トータルソリューション
日立グループ社員が利用している実績と信頼性のある基盤をベースにコンサルティングとクライアントサービスを提案
納得感で生産性を向上するテレワーク関連ソリューション
社外から社内へセキュアなアクセスを可能とする高セキュリティのテレワーク環境を構築することで柔軟なワークスタイルを実現しながら、収集したログを分析・予測することで業務の見える化をめざし、企業でのテレワーク導入を加速します。
PC自動シャットダウンシステム
定時後にPCを自動シャットダウンすることで長時間労働を是正し、ワークライフバランス実現を強力に支援します。

信頼され、感動を与える営業へ

名刺情報の営業活用 〜クラウド名刺管理サービス「Sansan」〜
組織に眠った名刺をデータベース化し、企業で共有/活用するための基盤を提供することで部署をまたいだ営業活動が実現可能になります。
Salesforceのお客様情報とIoTデータを活用したデジタルソリューション
デジタルソリューションを活用して、商品の適切な買い替え時期を提案、お客さまの満足度を向上します。
見積書の作成・管理システム
ブラウザから定型フォーマットをカスタマイズしてお客さまごとの見積書を作成すると、それらは自動的にお客さまごとに分類・保管されます。また、関連する紙書類もAIのデータ認識を利用して自動分類し、お客さまごとに見積書と一括管理できるため、営業事務工数を削減できます。
Hitachi AI Technology/組織活性化支援サービス×Salesforce
情報をHitachi AI Technology/Hで分析、導き出されるアドバイスにより、業績と従業員満足度向上を実現します。

魅力ある会社への変革

音声こころ分析サービス
日常の声から心の健康状態を手軽にチェックすることができるサービスです。自らの傾向を把握することで、メンタル疾患に陥る前に自覚と予防を促します。利用者が生き生きと働くことのできる職場環境づくりを支援し、健康経営や働き方改革の推進に貢献します。
HRテクノロジーを人事戦略に活用 「リシテア/AI分析」
就業/スキル/健康管理などのデータはもちろん、高度なデータ統合技術により他システムの関連データも集約し、AIなどを活用して分析します。ストレスケアのサポート、組織パフォーマンス向上のための気づきを提供するなど、データに基づく人財マネジメントの実現を支援する分析・可視化サービスです。
Hitachi AI Technology/組織活性化支援サービス
名札型ウェアラブルセンサを使い、組織のメンバーの行動データを収集します。そこから、組織の活性度やメンバー間のネットワーク(関係性)を計測・可視化することで、組織活性化や生産性向上を支援するサービスです。計測結果を日立の人工知能で分析することで、組織活性化に向けた具体的な施策もご提案します。
効率的な学びとスムーズな成長を支援する人財育成ソリューション
企業におけるビジネスの進化と生産性向上のカギを握るのは、個人や組織のたゆまぬ成長です。「気づき・学び・実践」のサイクルを確実に回すことが、学びと成長の効率化につながります。本展示では、このサイクルに基づくサービスを、「可視化」をキーワードにご紹介します。
ポータブル呼気アルコール検知システム
携帯型の呼気センサで、呼気中のアルコール濃度を簡便に測定します。運送会社などのドライバーが事故を起こさないような遠隔安全管理が容易となり、将来的には代謝物の測定を通しての健康管理につなげていきます。

登録者専用ページ
(日立ID会員サービス)

Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYOにご登録された方は、こちらでセミナーおよび展示の資料をご覧いただけます。