ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYO

Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYOは、終了いたしました。

多くの皆さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。

「未来のまち」、日立はお客さま、パートナーとの協創で実現します

多くの人が集まり、経済の核となる都市や地域。
社会のさまざまなニーズにきめ細やかに対応でき、あらゆる人が質の高いサービスを受けられ、活き活きと快適に暮らすことのできる「超スマート社会」となる近未来に向け、「まちづくり」におけるお客さまとの協創事例や日立グループのさまざまな取り組み、ソリューションをご紹介します。

快適な“まち”の移動を実現するモビリティ

デジタル技術を活用して、より快適な移動の実現、そして、駅や街における集客力の向上などを実現します。
日立は鉄道の車両、運行・予約などのシステムをはじめ、高度道路交通システム、交通機関の運行データや人の流れなどのデータを収集・分析など、快適なまちの移動を実現するさまざまなソリューションを提供します。

鉄道ソリューション
車両機器、カメラ・検測装置などのセンサーを統合した車両システムをご紹介します。
車両・駅などを中心とした鉄道事業のデータ見える化、分析を行い、より安全で快適な鉄道運行に寄与するソリューションです。
Tranista オンラインモニタリング
車両に搭載されている空調装置の状態情報を検修基地側に送信、データ見える化などにより走行中の空調状態や蓄積されたデータから故障分析する一連の流れをご紹介します。
鉄道情報利活用プラットフォーム
鉄道情報利活用プラットフォームは、ビッグデータ分析・人工知能(AI)活用を加速させ、お客さまの新サービス、新システム、新ビジネス創出へ向けての第一歩として、確実に貢献します。本展示では、データ可視化サービスをデモンストレーションし、その有効性を確認頂きます。
また、メンテナンスの高度化をサポートするアプリケーション構想をご紹介します。
監視カメラ画像を活用した人流可視化ソリューション
監視カメラに映った人物をアイコンに置き換え、人の流れを可視化する技術をデモストレーションで紹介します。
個人認証を活用した移動体験の未来像
少子高齢化とインバウンド旅行者増加によって交通利用者の多様化が進むとともに、公共空間におけるテロや大規模災害へのリスクが高まるなかで、人々の移動が個人認証の活用によってどのように変わりうるのかを将来ビジョンとして示します。
手をかざすだけ〜ウォークスルー型指静脈認証技術〜
偽造が困難な生体内部の指静脈パターンを瞬時に認証する技術により、改札や施設にて、チケットレスでの入退場管理や混雑緩和を実現します。
アーバンソリューション - アーバンモビリティ
デジタル技術を活用して、より快適な移動と駅や街への集客力の向上を実現します。
IoT・ビッグデータ・人工知能(AI)などを活用した、交通データ利活用サービス
「世界最先端IT国家創造宣言」や「官民ITS構想」で交通データ利活用に関わる施策が謳われる中、日立はさまざまなデータを収集管理するデータ利活用サービス基盤を計画。IoT、ビッグデータ、AIなどを活用し、新たな付加価値サービスを創出/提供。渋滞解消、円滑な移動を実現し、安全・安心・快適な交通社会の実現をめざします。
無線見える化技術を利用した、モビリティ最適化ソリューション
鉄道業界など、IoT、人工知能(AI)を活用したモビリティ高度化が推進中。車両などの移動体との通信手段として、LPWAなど、さまざまな無線通信が利用される一方、システムを「どのように」配備し、「どのように」運用するかで、導入効果や投資効果が激変します。今回は無線見える化技術を利用したモビリティ最適化ソリューションをご紹介します。
人流解析技術を用いたビル内移動の最適化シミュレーション
人流解析技術と昇降機の制御技術を組み合わせたビル内人流シミュレーションにより、最適なビル設備配置を設計計画段階から運用時の有効な情報提供するソリューションをご紹介します。
動線計測ソリューション
2D、3Dレーザー・センサーを使用して、個人情報を特定せずにブース内の人の移動・滞留をリアルタイムに表示。来場者のブース内行動計測をデモンストレーションで紹介します。

安全・安心、快適な“まち”を実現する公共・社会インフラ

まちづくり分野のステークホルダーとの連携により、より魅力的な街づくり、安全・安心、快適なまちの実現を支援します。
IoT技術を活用し、住民の生活の質(Quality of Life)向上、訪問者・利用者の利便性向上につながるソリューションを提供し、住民や訪問者・利用者にとってより魅力的な地域になるよう、地域価値の最大化に貢献します。

建物・公共構造物・設備機器管理ソリューション
タブレットを活用した現場作業支援サービスと建物運営システムや公共構造物・設備・機器などの維持管理システムを連携した業務全体をサポートするソリューションをご紹介します。また、ウェアラブル端末の活用例としてヘッドマウントディスプレイによる遠隔作業支援機能を実演いたします。
現場が変わる!スマートインフラソリューション
建築・土木、社会インフラ分野に、高精度な位置把握技術(屋内・屋外)や、IoTセンサ、情報・画像解析技術などの、先進のICT技術を組み合わせることで、現場作業の効率化や安全性向上を実現します。
これからの現場活用について、国土交通省殿や企業様との取り組み事例をご紹介します。
まちづくりに使える高解像度衛星画像データ
高解像度の衛星画像から抽出した高さ情報を利用し、構造物や地形を写実的に3次元で表現したり、インフラの変化や地盤の沈下傾向を示すことができます。衛星画像ベースマップを基盤情報として組み合わせることで、「まち情報」の見える化・共有化に役立ちます。
まちづくりに貢献する日立ドローンプラットフォーム
特に就業人口が減少していく分野において、現在のサービス品質を維持しつつ業務の効率化を図ることが期待されています。ドローンがこの解決策として注目されている中で、航空機などとの衝突を防ぐ運航管理システムをベースとして、点検・測量分野では空撮画像データの管理や解析、物流分野では配送状況把握など安全で効率的な運用を実現できる日立ドローンプラットフォーム全容についてご紹介いたします。
空間情報ソリューションGeoMation
日立ソリューションズは、IoTデバイスから収集する位置情報の有効な利活用を支援する「GeoMation 空間情報IoTプラットフォームサービス」を2017年7月に販売開始しました。本展示では、ドローンに搭載したIoTデバイスが取得した位置や画像を分析し、空間的に可視化することで、課題解決を支援する事例をご紹介します。
ドローン活用による劣化診断サービス
ドローンで空撮したデータを3次元化して建造物の劣化診断や点検業務に利用します。また、ドローン空撮映像をリアルタイム共有する事で災害現場の状況をリアルタイムに把握、迅速な対応を可能とするなどの新しいIoTサービスを提案します。
空の産業革命を支える運航管理システム
物流や災害対応、インフラ点検などのさまざまな産業分野で活用が期待されている無人航空機に対して、運航管理システムを整備することで、「無人航空機の安全な運航支援」、「人々と無人航空機が共存する安全・安心な社会」の実現をめざします。
映像・位置情報・地図情報を活用した、次世代高機能消防指令システム
日立は、火事や自然災害に関連する社会インフラシステムを通信制御技術と情報技術を融合させ高度化をめざします。映像・位置情報・地図情報を活用し現場職員との情報共有・情報連携を可能にし、安全・安心のための技術やソリューションをご紹介します。
スマートな次世代都市を支える水環境ソリューション
健全な水環境の実現と水インフラの持続的発展にワンストップでお応えする総合的な技術を基盤に、都市や流域単位での水・情報・エネルギーの流れを、水に着目して全体最適化を図っていくこれからの取り組みをご紹介します。
ICT施工
ICT活用工事おける起工測量から納品までの工程を、 一貫してサポート。お客さまのニーズに合わせ、各工程別のソリューション提案します。

“まち”のQoL向上を実現するスマートライフ・ビジネス

デジタル技術を活用して、"まち"にくらす人々、働く人々が、快適に過ごすためのさまざまなソリューションを提供します。
例えばビルやの中には、空調、照明、カメラ、昇降機などさまざまな設備が入っています。その設備をIoTで結び、それらのデータや人の流れのデータなどを分析した結果に基づくさまざまなソリューションの提供を通じて、まちの価値最大化、快適な環境の実現に貢献します。

人との共生をめざすサービスロボット“EMIEW3”によるトータルソリューション
利用者の目的にあわせてロボットや設備を連携し、必要な時に必要なサポートを提供するおもてなしソリューションをご紹介します。
スマートビルディング
ビル・施設をとりまく様々な課題に対し、AI・ロボット等を活用したIoT時代の新たなソリューションをご紹介します。
日立総合情報ソリューション - デジタルサイネージ -
デジタルサイネージにおいて、設置エリアや面数が拡大していくとともに、状況の変化に対応したフレキシブル性のある効果的な配信を、リーズナブルなコストで運用したい、といったニーズが高まってきています。そこで日立はIoTプラットフォーム「Lumada」を活用したソリューションでタイムリーなコンテンツ配信を実現します。
統合監視で街を守るトータルセキュリティソリューション
高度な画像解析や膨大な監視情報の分析技術を統合し、複雑化するリスクから街を守るトータルセキュリティソリューションです。
  • カメラやセンサの情報を分析し、不審物や異常行動を検知
  • 手助けや対処が必要な方の検知、映像検索による迷子などへの対応
  • 蓄積したカメラやセンサデータを活用し、危険箇所の予測や日報の作成を支援
セキュアなまちづくりソリューション
ICカードやRFIDを活用したセキュリティシステムと監視カメラと連携した映像ソリューションなどを組み合わせて、住宅、オフィス、商業施設など建物からまち全体へよりセキュアな空間の提供を実現します。
アーバンソリューション - ビル街区サービス、タウンマネジメント
街づくり分野のステークホルダーとの連携により、より魅力的な街づくり、運営を支援します。日立は、IoT技術を活用し、住民の生活の質(Quality of Life)向上や旅行者の利便性向上につながるサービスを提供し、住民や旅行者にとってより魅力的な地域になるよう、地域価値の最大化に貢献します。
空調故障リスク低減と保守効率化 『予兆診断』
故障予兆を検出することで計画的メンテナンスを行い、空調故障による事業機会損失を抑制します。冷媒漏洩も検知でき、温暖化ガス放出を抑制します。また、主要部品の計画的交換で保守作業効率も同時に向上することができます。
快適空調にあると便利な空調IoTソリューション
あらゆる場所に設置されている空調機。それは部屋を見渡せるところに設置されています。
そこは部屋の(センシング)にも最適な場所です。たとえば空調機にセンサーを付け加え分析すると、空気質の見える化、人流ヒートマップや会議室管理などが可能になるシステムを紹介いたします。
スマートライフ事業 〜さまざまな生活シーンでの社会イノベーション〜
見守る。応える。教えてくれる。
デジタルとリアルの融合により、家、マチ、社会、さまざまな生活シーンで、人に寄り添い、暮らしをデザインする。 優しさやうれしさにあふれた、人々の Quality of Life の向上に貢献するスマートライフ事業をご紹介すると共に、IoT家電やそれらを通じたサービスについて、映像とデモにてご紹介いたします。

登録者専用ページ
(日立ID会員サービス)

Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYOにご登録された方は、ご登録内容の確認、変更ができます。