ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYO

IoT時代のビジネス進化を支える日立のセキュリティ

お客さまのビジネスを守り、経営課題を解決するため、日立はIT ×OT ×セキュリティ技術・ノウハウを結集した「進化するセキュリティ」を提供。リスクアセスメントから製品・サービス導入、監視・検知、解析・対策、人財育成までトータルにご紹介します。

コストから投資へ!フィジカルセキュリティの強化とビジネス応用

組織で守る・運用で守る・システムで守る!社会インフラセキュリティ

制御システムへの不正侵入と不正動作を防止・監視するセキュリティ
制御システムのセキュリティ対策は、既存システムへの影響見極めが難しいため、導入が遅れる傾向にあり、リスクが高まっています。本展示では、既存の制御システムへの影響が少なく、後付け可能なソリューションとして、外部からの不正侵入防止、内部での不正動作防止や監視ソリューションについてご紹介します。

インシデント対応力の強化

SOC/CSIRTの連携による対応
サイバー攻撃が非常に高度化した結果、システム内部に侵入されてしまった後を想定し、被害を最小化するためのインシデント対応力の強化が必要です。有事の際に、CSIRTが迅速かつ適切に対処するための各種サービスを紹介します。

パーソナルデータ利活用とプライバシー保護

パーソナルデータ利活用とプライバシー保護
パーソナルデータの利活用による新たな価値創出への期待が高まる中、個人のプライバシー保護への期待も高い状況にあります。個人からの信頼性を確保した安全なパーソナルデータの利活用をお客さまとともに推進するために、日立が実施しているプライバシー保護対策と匿名化支援の取り組みについてご紹介します。

リスクを最小限にするマルウェア対策

マルウェア対策の現状分析
現状のマルウェア対策を可視化し、対策の抜けや漏れの洗い出しをします。さらには、マルウェア被害を最小限に留めるための対策強化の指標となる改善案をご紹介します。
攻撃の把握と対処をサポートする拡散活動検知ソリューション
サイバー攻撃によりシステムに侵入された場合、SOCの担当者は素早く攻撃を見つけ対処することを求められています。本展示は、拡散活動検知ソフトウェアがリアルタイムかつ自動でサイバー攻撃を検知するデモをご紹介します。
エンドポイントマルウェア対策
AI技術による高精度な未知のマルウェア検知・防御と侵入原因の特定による再発防止対策をご紹介します。
サイバーBCPソリューション
ランサムウェア対策の計画やインシデント発生時の調査・駆除・復旧サービスにより、ランサムウェア感染リスク低減と事業継続をトータルにサポートするソリューションをご提案します。

事前登録

展示の見学、講演・ビジネスセッション・セミナーへの参加には、事前登録が必要です。

登録者専用ページ
(日立ID会員サービス)

登録者専用ページ(日立ID会員サービス)では、講演・ビジネスセッション・セミナーのご登録、登録の確認・変更ができます。