ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Social Innovation Forum 2018 TOKYO

SECURITY

Hitachi Social Innovation Forum 2018 TOKYOは、終了いたしました。

多くの皆さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。

事業継続を支える社会インフラセキュリティ

デジタル化の進展による新たな脅威発生に伴い、セキュリティは事業継続の観点と、企業の社会的責任として欠かせない要素となっています。日立は、社会インフラシステムの構築・運用の実績と、インシデント対応経験を生かした「進化するセキュリティ」でお客さまの事業を支えます。

「人々の生活を支える」次世代セキュリティ運用

全社システムの運用監視の一元管理と見える化
社会インフラ事業の継続的な運用を守るために、IT・OT・IoTシステムのセキュリティ対策、それらのシステムを一元的に管理・把握する統合SOCとセキュリティ統括組織の強化が必要です。本展示では、それらの業務を支援するダッシュボードをご紹介します。
AIを活用したセキュリティ監視業務の効率化
従来、セキュリティ技術者の高度な専門知識やノウハウにもとづいて実施していたアラート評価業務を、過去の判断結果を学習したAIが自動判定することで、専門性の高いセキュリティ技術者の負荷を軽減し、業務を効率化するソリューションをご紹介します。
セキュリティアナリストによる高度な検知・分析の実現
新たなぜい弱性やサイバー攻撃の高度化など、お客さまのシステムを取り巻く環境は常に変化しています。本展示では、セキュリティアナリストがお客さまのシステムへの攻撃を常に監視、さらに攻撃前のリスク可視化により、インシデントを未然に防ぐ高度なセキュリティ運用サービスをご紹介します。
CSIRTの各種業務を包括的に支援
組織のセキュリティを担う”CSIRT”は、インシデント発生時はもちろん、日ごろから最新のセキュリティ動向を把握したり、セキュリティスキルを向上させたりする必要があり、十分な活動ができていない企業も少なくありません。本展示では、CSIRTの構築や、運用、ぜい弱性の診断、教育・演習など、普段の業務からインシデント発生時の対応までを包括的に支援するサービスをご紹介します。
脅威情報の共有によりSOC/CSIRT業務を支援
巧妙化や先進化、そして組織化が進んでいるサイバー攻撃。企業の単独でのセキュリティ対策には限界があります。「SHIELD」情報共有サービスは、情報発信機関・ISAC・事業者の各組織の連携により、サイバー攻撃に対し、全体のレジリエンスを向上させ、業種横断でサイバー攻撃に備えます。
EDRを活用した外部脅威対策のワンストップ支援
Endpoint Detection and Response(EDR)を活用し、高度セキュリティアナリストやホワイトハッカーなどの専任技術者が、エンドポイントにおける外部脅威対策の導入から、運用、マルウェア感染の監視、対策、復旧支援、再発防止までをワンストップでご提供します。
サイバー攻撃の予兆を検知しセキュリティ監視業務を支援
Hitachi Anomaly Detectorは、通信の微細な振る舞いの変化を多角的視点でとらえるAnomaly型の検知技術により、サイバー攻撃の予兆を早期に検知し、セキュリティ監視業務を支援します。

「IoT時代の社会課題」セキュリティ人財育成

セキュリティ組織改革
〜サイバー攻撃対応研修のご紹介〜
日立のノウハウを結集した人財育成メニューを提供、セキュリティ人財のスキル向上と意識向上を実現します。育成施策の策定から研修会の実施までトータルに支援することで、お客さまの組織に必要なセキュリティ人財を育成します。さらに、アウトソーシングなどを活用し、インシデント対応をはじめとする強固なセキュリティ対策を実行しうる組織づくりをめざします。その第一弾として、日立グループ内で実績のある研修を2018年10月より一般のお客さま向けに新設しました。本研修の狙いと特徴をご紹介します。

「事業継続の核心」サイバーBCP策定

サイバー攻撃対応BCP策定コンサルティング
高度化するサイバー攻撃の被害による事業継続リスクを低減するため、災害とサイバー攻撃の違いを考慮したリスク分析や対応計画の策定などを支援する「サイバー攻撃対応BCP策定コンサルティング」をご紹介します。サイバー攻撃にも対応できるBCP(事業継続計画)を策定するため、サイバー攻撃に特化した事業への影響のリスク分析、対策・運用・検証に関する計画の策定、インシデントが発生した場合のBCPの発動タイミング・攻撃分析体制・業務再開手順・業務復旧手順の策定を、経験豊富なセキュリティスペシャリストが実施します。

「止まらないシステムの根幹」制御セキュリティ

制御システムセキュリティ
〜アセット管理とインシデント対処〜
IoTの導入を進めながら重要インフラや製造業をサイバー攻撃から守るには、正しい現状把握が欠かせません。日立は、制御システム向けのセキュリティ監視ソリューションで、制御システム全体の機器を認識し、ゾーン別にセキュリティ対策状況などを管理するアセット管理機能を提供します。また、インシデント発生を早期に検知・一次対処することで、インシデント被害の拡大を防ぎます。
IT・OTシステムのアセット管理
既存のIT資産管理・運用管理システムと連携し、エージェントレスで通信の監視を基に、IT・OTシステムのアセット管理を実現します。これにより、セキュリティポリシーに反している機器の検出、稼働リスク・障害監視を実施、システムの安定稼働・運用業務効率化を支援し、IT運用コストの低減を可能とします。

「防犯からテロ対策まで」フィジカルセキュリティ

フィジカルセキュリティを支える最新テクノロジー
従来、個別に扱われてきた監視カメラや入退室管理システムなどの各種フィジカルセキュリティシステムのデータや、IoTの各種センサーデータなどを一元的に収集・蓄積・分析する「フィジカルセキュリティ統合プラットフォーム」をご紹介します。また、その活用ソリューションとして、AIやアナリティクスソフトウェアで人やモノの動線・動作・状況を分析し、さらなるセキュリティの強化へ応用するソリューションや、蓄積されたデータをデジタルエビデンスとして活用し、信頼性のあるモノづくりに応用するソリューションをご紹介します。
監視カメラ自体もまもる防犯対策
近年の画像処理技術の向上に伴い、監視カメラは高い防犯効果を持つようになってきています。また、防犯効果をより高めるためにも、監視カメラをはじめとしたフィジカルセキュリティ機器へのサイバー攻撃対策も必要となってきています。本展示では、日立が持つ混雑解析・ヒートマップ、置き去り検知といった映像解析技術や、カスミ除去・暗部補正・陽炎補正といった映像鮮明技術をご紹介します。また、IoT機器セキュリティソリューションであるZingBoxを活用したフィジカルセキュリティ機器へのセキュリティ対策についてもご紹介します。
大規模イベントや公共の場をまもるテロ対策
テロの未然防止対策として、金属探知、危険物持ち込み検査、爆発物探知などがありますが、今回は、その対策のひとつである、危険物持ち込み防止のためのX線検査装置および、X線検査判定支援ソフトウェアをご紹介します。空港や大規模イベント会場への入場に際し、手荷物検査に時間がかかって混雑する、X線手荷物検査装置のモニター検査員の負荷が高いなどの課題があがっています。そこで、AIを活用したX線検査により、安全性チェックの一部を自動化し、検査の効率化を実現。これにより、検査員の負荷軽減、スループット向上、テロ対策強化を実現できます。

登録者専用ページ
(イベント マイページ)

Hitachi Social Innovation Forum 2018 TOKYOにご登録された方は、こちらでセミナーおよび展示の資料をご覧いただけます。

Hitachi Eventsアプリのご案内

SNS #HSIF2018 投稿キャンペーン

Hitachi Social Innovation Forumの公式ツイッターはこちら