ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Social Innovation Forum 2018 TOKYO

Digital Transformation, Lumada

Hitachi Social Innovation Forum 2018 TOKYOは、終了いたしました。

多くの皆さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。

経営、社会を変えるデジタルテクノロジー

デジタル化の進展により、人やモノが縦横につながり、協創が加速。業種や業界を越えた協創は、社会にイノベーションをもたらします。さまざまなステークホルダーとの最新の取り組みで、経営や社会をどのように変えたのか、また変えるのか。経営課題解決につながるヒントが見つかります。

イノベーションをデザインする顧客協創方法論「NEXPERIENCE」

イノベーションをデザインする顧客協創方法論「NEXPERIENCE」
IoTなどの技術革新に伴い、社会が変わりつつある中で、イノベーション創出の重要性が高まっています。日立では、社会や業界共通の課題解決に向けて、イノベーションをデザインする方法論「NEXPERIENCE」を開発し実践しています。本展示では、「NEXPERIENCE」を用いたお客さまと日立のエキスパートによる協創事例および、豊富なユースケースやAIなどのデジタル技術を用いて協創を支援する先進ツールをご紹介します。

ビジネスを加速するAI・アナリティクス

ビジネスを加速するAI・アナリティクス
生産性向上を促進するディープラーニング解析ソリューション
金融/運送業などでは、帳票/伝票の汚い手書き文字が既存OCR技術で読み取れないため、入力業務効率が上がらないという課題があります。また、製造業では目視による品質検査業務の生産性/精度向上や、目視検査員の人手不足解消や人件費を削減したいというお客さまニーズがあります。本展示では、ディープラーニング技術を用いることで、このようなお客さまの課題やニーズに応えるソリューションをご紹介します。
匠の技の継承にAIを活用した「画像分析サービス」
人の目で判断していた熟練者の経験値や感覚値を人工知能化し、技術継承と業務効率化をAI活用で実現します。画像の目視判定に携わるさまざまな業務に適用・応用可能です。事例として、路面下レーダー波画像を分析し、AIにて空洞候補を判別した動画をご紹介します。
現場の品質やコスト改善に寄与するAI「状態予測エンジン」
製造装置、製品を監視するIoTデータから生産状況や品質のバラツキを発見。故障や品質低下および危険の事前予測を可能とするAIソフトウェア「状態予測エンジン」をご紹介します。「状態予測エンジン」による識別、予測を活用した現場改善を、デモンストレーションを交えてご覧いただけます。
AIで製造現場の課題を解決する「IoTデータモデリングサービス」
さまざまなIoTデータに対し、人工知能を活用し分析することで、属人化からの脱却による業務効率向上や、不良原因の分析による品質向上などの経営課題の解決を支援します。人工知能を組み込んだ分析・監視システムによって、状況変化に素早く対応しフィードバックが可能です。また、システム化にあたり、事前にデータから課題解決に導くための価値検証も合わせて実施します。お客さまの抱える経営課題の解決方法を事例とともにご紹介します。
データ価値を最大化するデータ統合・分析基盤「Pentaho」
新しい洞察は、情報同士の掛け合わせによってもたらされます。社会やビジネスから生まれる多種多様なデータを加工・統合し、分析を通してお客さまに新しい価値と洞察を提供する「Pentaho」について、ユースケースを交えてご紹介します。
AI時代のビジネス変化に対応して価値を生み出す人財の育成
デジタルビジネスに対するトップの関心、組織の目標に応じ、要求されるスキル・人財育成施策は大きく異なります。例えば、関心・目標がサービスの優位性であれば、サービス創出のプロセスにAIを応用したシステムを導入するためのスキルが求められます。一方、関心・目標が従業員の生産性であれば、データ利活用による業務改善のリテラシーが全従業員に必要です。本展示においては、実際にお客さまに提供している育成事例をご紹介します。
音声関連の業務効率を向上させる「音声データ利活用ソリューション」
コンタクトセンターや営業窓口において、電話応対の負担増大、オペレーターの離職率増加、教育コストの増大と課題は山積みです。顧客との電話を通話録音・分析し、課題解決しようとするが、そこまでたどり着いていない。そんな悩みを解決するのが音声データ利活用ソリューションです。
お客さまの声から未来を予測する「感性分析サービス」
近年、多くの企業では、SNSや口コミ情報などを、お客さまの声としてマーケティング活動に生かすニーズが高まっています。本サービスでは、SNSなど大量のテキストデータから、商品や企業に対するお客さまの声や感性を可視化し、お客さまのニーズをとらえたビジネス戦略の立案を支援します。また、SNSなどの情報だけでなく業務情報を組み合わせることで売上予測や商品企画などにご活用いただけます。本展示では、お客さまの感性をいかに高精度に分析可視化できるか、その結果をビジネスにどう活用できるか、ユースケースを交えてご説明します。

イノベーションのカギを握るビジネスエコシステム

プログラミングレスのIoTシステム開発・実行基盤
IoTの進展に伴い、さまざまなシステムと連携するアプリケーションを迅速に開発することが求められています。日立は、多様なシステム間の処理やデータ連携を簡素化する技術を開発し、プログラミングレスでアプリケーションをスピーディーに開発可能な基盤を整備しています。展示ブースでは、本基盤を活用した業務アプリケーション群を用意。日立独自AIや分析ツールと連携した業務のリアルタイムな可視化やインタラクティブなダッシュボードなどをデモンストレーションでご紹介します。
企業内に眠るデータを高速処理で価値あるデータへ変換 「Hitachi Application Framework/Event Driven Computing」
デジタルソリューション事業を始めるにあたり、新たにセンサーを設置する費用・手間がかかることやデータの活用方法が分からないといった課題があります。「Hitachi Application Framework/Event Driven Computing (HAF/EDC)」は既存の機器で取得したデータを用途に応じたOSSなどと連携し、高速で分析〜可視化を行うことで迅速に価値あるデータに変換します。交通、エネルギー、産業などのさまざまな分野での適用例をご紹介します。
見込顧客開拓で業績向上 空間情報ソリューション 「GeoMation」
精度の高いマーケティング戦略を立案して業績を向上させたい!現場の人/モノの稼働状況を把握して、業務・設備の最適化を実現したい!などのご要望はございませんか?本展示では大量の位置情報の収集からビッグデータ分析・地図や図面上への可視化、データ更新まで、企業による空間情報の効果的な活用方法について、各業種の事例を交えてご紹介します。
IoTの見えないコストを削減する JP1 IoTソリューション
近年、IoTの普及により新たな価値が数多く創出される一方で、それらを支えるIoTデバイスはセキュアかつ安定的に稼働させる必要があります。IoTデバイスは設置から稼働、破棄までのライフサイクルそれぞれにおいて設定・管理・運用を適切に実施する必要があり、それらは高度な知識・技術が求められます。また、これらは各IoTデバイスで実施する必要があるため、数に比例してコストも増大していきます。日立のJP1 IoTソリューションは、IoTデバイスの設定・管理・運用をトータルでサポートし、また、それらに要するコストも削減します。

デジタルトランスフォーメーションを支えるプロダクト

ビジネス変革へ柔軟に対応する「日立ハイパーコンバージドインフラストラクチャソリューション」
デジタルトランスフォーメーション実現のために、柔軟で俊敏なIT基盤が求められています。「日立HCIソリューション」は、高信頼のハードウェアと運用負荷を軽減するメニューで、お客さまのニーズに柔軟に対応し、ビジネス課題を解決します。
ミッションクリティカルシステムを支える高信頼プラットフォームソリューション
日立のミッションクリティカル向け新サーバは、日立独自の高信頼化技術とオープン技術を組み合わせたソリューションによって、堅ろう性に加えてSoE(System of Engagement)との親和性のあるシステムを実現し、お客さまのデジタルビジネスを支えます。
ビジネス革新を支えるストレージソリューション
IoTやAIを活用したデジタルイノベーションを実現するためには、膨大なデータのスピーディーな利活用と適正コストでの運用が重要です。日立の高性能フラッシュに最適化したミッドレンジストレージは、コストパフォーマンスを高める新技術や、ストレージの投資コストを最適化するマネージドサービスを提供。さまざまなデータから得られる利益を最大化し、時代を勝ち抜くお客さまのビジネス革新を支えます。
組合せ最適化問題向け新概念コンピュータ:CMOSアニーリングマシン
都市における交通渋滞の解消やグローバルサプライチェーンにおける物流コスト低減などをはじめとする、実社会の複雑な問題を高速に解くために、問題規模に応じてスケーラブルに構成可能なCMOSアニーリングマシンを開発しました。開発したCMOSアニーリングマシンは、一般企業や大学、研究機関などのパートナー向けにクラウドサービスとして公開し、ソリューションの協創を図り、社会課題解決に向けた早期実用化をめざします。

ブロックチェーンが実現する超スマート社会

ブロックチェーンが実現する超スマート社会
これまでのやり方をガラリと変えて、もっと柔軟で自由なビジネスを実現するブロックチェーン技術を、ユースケースを中心としてデモンストレーションを交えてご紹介します。また、さまざまなビジネス分野でのブロックチェーン技術の適用を支援するノウハウをはじめ、日立のブロックチェーンへの取り組みをご紹介します。

登録者専用ページ
(イベント マイページ)

Hitachi Social Innovation Forum 2018 TOKYOにご登録された方は、こちらでセミナーおよび展示の資料をご覧いただけます。

Hitachi Eventsアプリのご案内

SNS #HSIF2018 投稿キャンペーン

Hitachi Social Innovation Forumの公式ツイッターはこちら