ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Social Innovation Forum 2016 TOKYO

IoT PLATFORM

基調講演をはじめ、各種講演、ビジネスセッション、展示の動画やレポートを公開しておりますので、ぜひご覧ください。

IoTプラットフォーム

日立が長年にわたって社会インフラなどを含め幅広い分野で培ってきたソリューション・サービス提供の実績を統合したIoTプラットフォーム「Lumada」は、それら実績をベースに課題解決プロセスを雛形化し、オープンなプラットフォームとすることで、日立とパートナーの知見・ノウハウをスピーディに生かせるようにしています。
IoTによりお客さまの経営課題と現場のOTとITをつなぐことで事業全体をデジタルに統合し、アナリティクスや最先端の人工知能、ロボティクスやOTを含めたセキュリティ技術などにより、お客さまの経営課題解決に向けたソリューションをご紹介します。

顧客協創方法論「NEXPERIENCE」

経営環境が日々変化するなかで、スピーディな事業仮説の構築と検証が重要になってきています。IoTプラットフォーム「Lumada」と連携しながら、お客さまとビジョンや課題を共有して、課題解決や事業の"協創"を進め、お客さまデータを用いた事業価値シミュレーションをおこなう方法論「NEXPERINECE」をご紹介します。

人工知能/アナリティクス

設備環境や人の挙動を表すセンサデータと業務システム内の各種データをデータレイクに収集・蓄積し、人工知能やPentahoソフトウェアにより分析・可視化することで、作業効率向上や顧客満足度向上などの経営改善につなげられる日立の技術やサービスを事例・デモを交えてご紹介します。

スピード開発/実行運用環境

IoTやビッグデータを活用したデジタルイノベーションにより、ビジネスは急激に変化し続けることが不可欠となりました。システムにおいても、この変化に即応するスピードが必要です。プロトタイピングなど『協創』を実現するアジャイルな開発/運用の基盤をご紹介します。

ロボティクス

労働人口の減少や訪日外国人の増加にともない、さまざまな対人サービス業務においてロボットの活躍が期待されております。接客・案内業務を支援するEMIEW3とIT基盤のデモをご紹介します。