ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYO

Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYOは、終了いたしました。

多くの皆さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。

ブロックチェーンやFinTechによるデジタルイノベーション

FinTechによるサービス革新に向けた動きが始まっている中、金融サービス利用者の利便性を高め、且つ、安全・安心な新しいデジタルソリューションへの日立の取り組みをご紹介します。

ブロックチェーンによる社会の変革

ブロックチェーンにより、さまざまな取引を正確に記録することが可能となります。この分散型のシステムによって、金融分野に限らず、産業・ヘルスケア・エネルギーなどの各分野で、安全で信頼性の高い新サービスが利用可能となることをご説明します。

ブロックチェーン技術活用への取り組み
ブロックチェーン技術の活用に向けた取り組みと、金融分野と他産業の連携によるビジネス変革の可能性についてご紹介いたします。

FinTechによるデジタルイノベーション

デジタル化の進展によって、金融サービス利用者に役立つサービス提供や、利便性・安全性向上の取り組みをご紹介します。

投資信託販売支援ロボアドバイザーサービス
日立と三菱アセット・ブレインズ株式会社が共同開発した投資信託の運用アドバイスを行うサービスです。資産運用を検討するお客さまに、Webページ上で将来のライフイベントに備えた目標金額など簡単な質問にお答えいただくことで、適切なポートフォリオやこれに対応する投資信託の組み合わせなどの情報を提示します。
PBI技術によるセキュアな生体認証
日立が独自に開発したPBI(公開型生体認証基盤)技術の適用により、指静脈情報を利用した生体認証処理を、高いセキュリティレベルのもとで提供することが可能になり、金融取引や決済処理を、より安全に行うことが可能となります。
金融機関向けデジタル対話サービス
本サービスは、対話の自動化により、金融機関の業務の効率化だけでなくサービス時間の拡大や待ち時間の短縮によるCS向上を実現するものです。GUIでのシナリオ開発により、シナリオ作成負担の軽減と意図通りの対話の両立をめざしており、2018年度の実用化をめざしています。

金融機関の経営効率化を実現するデジタルトランスフォーメーション

変化する金融機関の経営ニーズに柔軟に対応するITソリューションをご紹介します。業務効率向上や業務プロセスの改善による経営の効率化を支援します。

BRMSソリューション 金融向け商品ファクトリ―(InnoRules)
商品をデータ構造化する商品ファクトリを導入し、お客さまの設計自由度と商品開発・改定スピードを向上させるソリューション。商品をモデルデータ化し異なる種別の商品を一元管理することで、さまざまな既存商品の組み合せやカスタマイズを可能とし、ユーザのニーズに応じた柔軟な商品開発と開発期間の短縮を実現します。
日立ECMソリューション
経営環境の変化や業務特性に応じて紙文書と電子文書を適切に使い分けながら、新たな文書利用シーンをお客さまと協創するペーパーレス化ソリューションです。ペーパーレス化を推進することで文書利活用の利便性向上や効率化を実現すると共に、新たな働き方やデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献します。
Business Process Management System(BPMS) Pegaソリューション
BPMSの有力製品であるPegaを活用した業務改善をご提案します。Pegaの活用により、業務プロセスの見直しやプロセスの自動化による効率化をサポートします。また、個別のカスタマイズを可能とし、ユーザのニーズに応じた柔軟なシステム開発と開発期間の短縮を実現します。

登録者専用ページ
(日立ID会員サービス)

Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYOにご登録された方は、こちらでセミナーおよび展示の資料をご覧いただけます。