ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Social Innovation Forum 2018 TOKYO

FINANCE

Hitachi Social Innovation Forum 2018 TOKYOは、終了いたしました。

多くの皆さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。

デジタルで導く金融イノベーション

金融分野においては、昨今、金融機関とIT企業が融合したFintechが注目されているが、日立は人工知能/AI、Blockchain、セキュリティ、APIなどのデジタルソリューションを通して、社会の発展に貢献します。

AI・ビッグデータを活用した金融イノベーション

金融業務の革新に向け、第2回AI・人工知能EXPOに参考出展したデジタル対話サービス(チャットボットおよび議事録支援サービスなど)を中心に、デジタルソリューション・サービスをご紹介します。

金融機関向けリスク管理ソリューション
  • 金融機関におけるリスク管理(規制対応や内部管理)に対するこれまでの日立の取り組み/ソリューションを本展示にてご紹介します。
  • 今後のリスク管理ソリューションの展望をご紹介します。
Risk Simulator for Insurance
  • 2018年10月にリリース予定の「Risk Simulator for Insurance」をご紹介します。
  • デモを通じ、生活習慣病に関する将来の入院リスクシミュレーションをご覧いただきます。
希少事象予測AIを活用したリスク管理業務の高度化
  • 2018年10月にリリース予定の「希少事象予測AI技術を活用したリスク管理業務の高度化や技術を用いたサービス」をご紹介します。
  • 銀行をはじめとした金融機関における審査業務などへの適用例を本展示にてご紹介します。
マーケティングAIを活用した営業支援システム
金融機関職員が使用する営業支援システムおよび営業現場でのマーケティングAIの活用事例をデモンストレーションとして展示します。
デジタル対話サービス
2018年7月にサービスを開始した「デジタル対話サービス」のチャットボットサービスや音声をテキスト化するデモのご紹介を行います。また、金融業務をユースケースとしたデモを通じ「デジタル対話サービス」の適用によって進化する金融業務をご覧頂きます。

BPM × RPA利用による業務効率化とシステム柔軟性向上

日本の企業では、高齢化社会への突入と労働人口の減少により、労働生産性の向上が積年の課題になっている。社内検証から得られた確かな知見と先進のデジタルソリューションを集約し、柔軟な働き方や組織の生産性向上を実現する各種ソリューションをご紹介します。

BPM/RPAシステム開発基盤「Pega Platform」
BPM/RPAソリューションとして提供する、Pega開発プラットフォームのデモンストレーションを本展示にてご紹介します。
BRMSソリューション金融向け商品ファクトリ―「InnoRules」
BRMS/商品ファクトリーソリューションとして提供する、InnoRules高速開発プラットフォームのデモンストレーションを本展示にてご紹介します。

生体認証技術の活用による安心・便利な社会インフラの実現

ワンストップ認証を実現する生体認証基盤
指などの生体情報を鍵とし、スマートデバイスのカメラを用いて認証を行うことで、安心してさまざまなサービスを利用できる、公開型生体認証基盤(PBI)のデモンストレーションを本展示にてご紹介します。

登録者専用ページ
(イベント マイページ)

Hitachi Social Innovation Forum 2018 TOKYOにご登録された方は、こちらでセミナーおよび展示の資料をご覧いただけます。

Hitachi Eventsアプリのご案内

SNS #HSIF2018 投稿キャンペーン

Hitachi Social Innovation Forumの公式ツイッターはこちら