ページの本文へ

Hitachi

Hitachi Social Innovation Forum 2016 TOKYO

ENERGY

基調講演をはじめ、各種講演、ビジネスセッション、展示の動画やレポートを公開しておりますので、ぜひご覧ください。

エネルギー

地球温暖化対策や電力システム改革をはじめとする制度改革をはじめ、エネルギーを取り巻く環境は急速に変化しており、さまざまなエネルギー課題に対して、最適なソリューションが求められています。日立では、これまで培ってきた電力・エネルギー分野に関するノウハウやIoTプラットフォーム「Lumada」などのデジタル技術を活用し、分散電源や広域系統連系をはじめとしたエネルギーシステム改革に不可欠なさまざまなソリューションをお客さまとの「協創」により提供していきます。

エネルギー最適利用

〜エネルギー最適利用による新たな価値創造〜

さまざまなモノがインターネットでつながるIoTの登場により、デマンドレスポンスやヴァーチャルパワープラント、さらにはICTを活用したソリューションなど、新しいサービス・価値が生まれています。これまで培ってきた制御技術(OT)と情報技術(IT)を掛け合わせた社会コストをミニマムにするような付加価値を生み出す日立のエネルギーソリューションをご紹介します。

地球温暖化対策

〜自然エネルギー活用によるサスティナブルな社会の実現〜

第21回国連気候変動枠組み条約締結会議(COP21)で採択された2020年以降の新たな温暖化対策「パリ協定」によって、風力や太陽光に代表される自然エネルギーの普及が加速しています。これまで多くのエネルギー関連機器を手がけてきた日立グループが提供する発電システムやこの発電を有効活用するトータルソリューションをご紹介します。

電力システム改革

〜電力システム改革を支えるエネルギーソリューション〜

日本の電力システム改革は、第一段階として2015年4月に電力広域運用を推進する電力広域的運営推進機関が設立され、2016年4月から第二段階である電力小売全面自由化がスタート、2020年には、第三段階としてが実施される予定です。これまで発電から電力流通、需要家向けソリューションなど幅広いサービスを提供してきた日立ならではのソリューションをご紹介します。