ページの本文へ

Hitachi

Hitachi SOCIAL INNOVATION FORUM 2015

基調講演

10月29日(木)10:00-11:00

社会イノベーションを加速する「協創のフレームワーク」
課題を共有し、新たなビジネスやサービスを共に創る

協創による価値創造 社会イノベーション

株式会社 日立製作所 執行役会長 兼 CEO
中西 宏明

講演写真

講演の冒頭、中西は「日立が社会イノベーション事業を推し進めてきて6年、やればやるほど大きな課題を抱えた事業だと認識しています。本日は、事業を進めていく上で一番大切な、皆さまとの対話・相互理解を深めていくためのツールなどについてご説明させていただきます」と挨拶し、世界が直面するメガ・トレンドと国内外の取り組みに触れ、さらに、日立の社会イノベーション事業の取り組みや「共生自律分散コンセプト」について紹介しました。

次いで、日立のオープンイノベーションの取り組みである「協創のフレームワーク」のプロセスについて事例を交えながら説明。課題とビジョンを共有する「Exアプローチ」の事例として「柏の葉スマートシティ」プロジェクトを、見える化し検証する「NEXPERIENCE/Cyber-Proof of Concept」では、物流ソリューションの事例を紹介。さらに、つなぐ・分析する「ビッグデータ利活用基盤」と、判断し提示する「Hitachi AI Technology」、そして、これらを守り支える「セキュリティ」について説明しました。

講演写真
日立のオープンイノベーションの取り組みについて説明する中西。

講演写真
「NEXPERIENCE/Cyber-Proof of Concept」により、納期遅延や配送コスト増加を共同配送でいかに解決できるかを検証。

「サイバーとフィジカルをトータルシステムとして考え、皆さまと危機意識を共有しながら、より安全・安心な世界を創ることにまい進していきたい」(中西)。

講演の後半では、こうした「協創」により、ビジネスの成長と社会課題の解決を同時に実現しているビジネスモデルを提示。限りある水資源を、賢く、スマートに再利用する「Remix Water」の事例として「ウォータープラザ北九州」での実証運用を、バーチャルパワープラント(VPP)の事例として米国ハワイ州マウイ島でのスマートグリッドの実証事業を紹介。このほかに、英国での都市間高速鉄道計画や「地方創生」を支援するためのNTTとの業務提携にも触れました。

最後に中西は「お客さまやパートナーと課題を共有して、新たなビジネスやサービス創出に共に取り組むということは、日立のカルチャーを変える大きなチャレンジ。『オープンイノベーション』と『コラボレーティブクリエーション(協創)』というアプローチを強化し、日立の社会イノベーション事業が、社会のさまざまな進歩に役立つように貢献していきたい」と宣言し、講演を締めくくりました。